トップページへ|サイトマップ|お問い合わせ
入稿について
お問い合わせはこちら

■注意事項

■文字データは必ずアウトライン化したものをご使用ください。
アウトラインとは、フォントを使用して作成した文字をパスに変換する作業です。アウトライン化されていない場合、文字化けやレイアウトの崩れなどが発生しますので、ご注意ください。
■データ入稿の際はCMYKカラーで色付けをお願いします。
RGBカラー(レッド・グリーン・ブルーの光の3原色)で色付けされている場合、モニタ上と実際の印刷とは異なる色調になります。出力等で使われるインクはCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の四色です。
RGBカラーは画面上では鮮やかに発色されますが、実際の印刷に使うと全体的にくすみ、イメージと違う色になる・黒が綺麗に出力されない等の問題があります。
大型出力(JV)の場合 ■画像ファイルは「配置」でリンクを貼り、画像とillustratorデータを同一フォルダに入れて入稿してください。
※画像の埋め込みを行うと、データが重くなる・画像の色調整ができない等の問題があります。
製版・印刷の場合 ■photoshopデータの場合、白黒のみのデータでお願いします。解像度は原寸で300dpi~350dpiほどが望ましいです。低い解像度の場合、解像度が低いとジャギー(ギザギザ)が出る場合があります。
■photoshopデータでは複そ雑な色分け、重ねのある色分けは一切お引き受けできません。
■多色刷りで色の重ね合わせが複雑な場合には、別途データ入力費用がかかる場合があります。

 

■使用可能な原稿・データ形式等一覧

 
Adobe Illustrator(.ai) CS5まで対応可能です。
Adobe Photoshop(.psd) CS5まで対応可能です。解像度にご注意ください。(注1)参照
Acrobat Reader(.pdf) PDF形式の原稿であれば、使用が可能です。ただし、データの作成ソフトによっては注意が必要です(注2)参照




紙による原稿 きれいな白黒のプリントであれば、一色刷りのものに限りそのまま使用できます。
フィルム持ち込み お客様にて作成されたフィルムから版を制作することも可能です。



紙による原稿 弊社にてスキャニングしての出力が可能です。フルカラーでの出力が可能ですが、カラーに原稿と若干の違いが出る場合があります。
jpeg等写真データ そのままの状態で出力が可能です。ただし、カラーはRGBでなくCMYKを推奨します。その他、解像度にご注意ください。(注1)参照
(注1)■解像度について 印刷物を見る距離によっても必要な解像度は変わります。
また、むやみに解像度を上げてもデータが重くなるだけです。
あくまで目安となりますが、よろしければ下記をご参照ください。
なお、以下はデータが原寸の場合の解像度です。
■至近距離で見る広告・ステッカー等・・・・・300~350dpi
■中型程度の看板・・・・・150~200dpi
■距離をおいて見る大型看板・・・・100dpi程度
※解像度が低いほど、全体的にぼやけてモザイクのように印刷されます。
(注2)■PDFデータについて CADデータをPDF変換したものの場合、線やベタ塗り部分が細かく分割されているなど、そのままでは使えないことが多く、修正の具合によっては別途入力代がかかる場合がありますのでご注意ください。
■その他の注意事項 エクセル・ワードを使用したデータはお避け下さい。こちらでデータを変換した場合、レイアウトの崩れや文字化け等が起こることがあります。
その他気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

上へ戻る