トップページへ|サイトマップ|お問い合わせ
製版・印刷
お問い合わせはこちら

■スクリーン印刷とは

印刷、と聞いてまず思い浮かべるのは、チラシや本など、紙製のものではないでしょうか?
スクリーン印刷は「水と空気以外のすべてに印刷できる」と言われるほど、多様な材料に印刷をすることができます。例えば、プラスチック、布、木、金属、ガラス、塗装面・・・。形状においても、平面はもちろん、立体、成形された品物や看板、Tシャツ等繊維製品、窓ガラスや壁面など。
他の印刷方法と比べ、インクの層が厚く、色褪せたり、はがれたりしにくいのが特徴です。そのため質感が高く、ポスター等の印刷のほか、工業用部品から日用品までオールマイティーな印刷が可能です。
意識していないだけで、実はみなさんのまわりにも、スクリーン印刷による印刷物は存在しているのです。

■スクリーン印刷のしくみ

スクリーン印刷は、元はシルクスクリーン印刷と呼びます。シルク(絹)の布目にインクを乗せてヘラで擦り、インクを押し出すことで、印刷媒体にインクを乗せる方法です。インクを通さない場所の布目をふさぐことで、好きなデザインをプリントすることができます。
現在では絹は使用せず、テトロンやナイロンなどの化学繊維のスクリーンが主となっています。 スクリーンの張り具合の調整により、曲面などにも印刷が可能です。  

1.布目にインクをのせます。 印刷のしくみ1
印刷のしくみ4左の原理を使って、印刷したい文字の部分以外の布目をふさぐことで、このように印刷できます。
2.ヘラを使って布目を擦っていきます。 印刷のしくみ2
3.インクが下に通りました。 印刷のしくみ3


■印刷できる品物の例

商業製品 ポスター、ステッカー、看板、POP、ディスプレイ、旗、標識、カード、ワッペンなど
工業用品 ネームプレート、計器の目盛類、弱電機器、家庭日用品、スイッチカバーケース、通信機器ケース、OA機器、ホイールキャップなど
生活用品 Tシャツ等衣類、手袋、玩具、文房具、カバン、化粧品容器、漆器、陶磁器、 ガラス器、シールなど
工業用品 シルクスクリーンの美術作品、その他オリジナルグッズなど
基本的に素材を選ばないのがスクリーン印刷です。「この素材に印刷ができるか」、「こういうものを印刷したいがどうしたらいいか」等、疑問に思った場合は、まず一度ご相談ください。

上へ戻る